ConoHa WING

四方山話

高級タイ米と呼ばれるジャスミンライスはこうやって調理しよう!

投稿日:

香港で食べたタイ米がとても気に入ってしまった、高井優希です。

いわゆる香り米を使っていたようで、とてもよい香りがして、思っていたより味もよく、子どもたちも取り合うように食べていたのが印象的でした。

そんなタイ米を、近くにあるタイストアで購入してみたので、調理してみました。

タイ米とは

米粒が細長く、日本米と比べて粘り気が少ない種類の米です。

1993年に、記録的な冷夏による米の大凶作により、タイ米が緊急輸入されたことは、記憶にある方も多いと思います。

当時はタイ米を日本米と同じように調理したことで、不人気から大量廃棄となる事態になりました。

しかし、そもそも緊急輸入したタイ米は備蓄米で、いわゆる古米、古古米だったことと、政府の策で日本米とブレンドされたことで、より一層悲惨な結果になっていました。

そんなタイ米ですが、タイ米の特性を活かした調理法をすることで美味しく炊けますし、今では香り米(ジャスミンライス)という高級タイ米もあるので、決して悲観するような米ではありません。

タイ米を調理してみる

今回購入したのは、日本米と比べてかなり割高ではありますが、ゴールデンフェニックス社製の高級タイ米。ジャスミンライスと呼ばれる、香りのいい米です。

ジャスミンライスのパッケージ ジャスミンライス
  1. 大きめの鍋に、うどんやそうめんを茹でるときと同じように、たっぷりのお湯を沸かします。100gの米に対して1リットルくらいが目安。
  2. 沸騰してきたら、ジャスミンライスを投入します。火加減は強火のままで。
    ジャスミンライスを沸騰したお湯の中へ
  3. 木のしゃもじなどで、ときどきかき混ぜながら、10分茹でます。茹ですぎると米がドロドロになってしまうので、10分より気持ち短めでもいいかも。
    ジャスミンライスを茹でる
  4. 10分経ったら、一旦ザル等にあけて湯切りをし、空っぽになった鍋にザルごと米を入れてフタをし、3~5分ほど蒸らして完成です。
    ジャスミンライスの茹で上がり

独特な香りと味

調理後は、日本米と同じように茶碗によそって食べましょう。日本米にはない独特な香りと味が楽しめます。

ジャスミンライスは、日本の炊飯器で炊いてもそこまで悪くはありませんが、本来はこのように茹でて食べる米なんだそうです。

ひとくちに「コメ」と言っても、種類が全く違うものなので、それぞれの米に合った調理法を選ぶことが大事ですね。

初稿:2019年3月13日

-四方山話
-

Copyright© たかたかゆーき , 2019 All Rights Reserved.