四方山話

お小遣い稼ぎしたい人必見!楽天カードとポイントサイトで効率UP!

更新日:

最近ポイントの鬼になってきました、高井優希です。

クレジットカードでお買い物をするとポイントがつきますが、カード会社によって、このポイントの使い道が限られますよね。ポイントに応じた商品と交換できたり、ディーラー系カードのようにポイントをローン返済の一部に充てられたり。

かくいう私も、新車購入してディーラーローンを組んでいたので、ディーラー系カードを作ってポイントをローン返済の一部に充てていました。ポイント×1.5円がローン返済に充てられるので、全ての支払い関係をこのカードにまとめ、毎月1,500~4,000円分くらいをポイントで賄っていました。ポイントをローン返済に充てられるなら、これが一番効率のいいポイントの使い方ですよね。

でも、ローンを完済してしまったので、このポイントは商品と交換する以外、使い道がなくなってしまいました。


大して欲しくない商品にポイントを使うより、電子マネーへ


ポイントで素敵な商品がもらえます!と言われても、正直、限られた商品の中から「これ欲しい!」って思えるものは、なかなかありませんよね。でも、ポイントを失効してしまうのはもったいないから、しょうがない、これをもらっておくか…なんてことは良くあります。

そこで、思い切ってディーラー系カードから楽天カードに切り替えることにしました。楽天カードはポイントを楽天Edyに交換できるので、Edyに交換してしまえばコンビニやスーパーなどの買い物で使え、ポイントの有効活用ができるからです。

また、楽天市場で楽天カードを使って買い物をするとポイント優遇を受けられるのですが、ポイントサイトを経由して買い物することで、さらに上乗せでポイントサイトでもポイントがもらえてしまうというお得なシステムがあるのです。そしてポイントサイトのポイントは、現金に交換して銀行振り込みをしてもらうこともできます。

カードでポイントがもらえてEdyに交換でき、さらにポイントサイトでもポイントがもらえ口座に振り込んでもらえる。お買い物をしながらお小遣い稼ぎができてしまうのです。


楽天カードをつくるには


楽天ポイントプレゼントを要チェック

テレビでも今やお馴染みとなりました、楽天カードマンが出てくるCM。楽天カードは頻繁にポイントプレゼントのキャンペーンをしています。楽天カードを新規で申し込んで、条件を満たせばポイントがもらえるというもの。

その時々でもらえるポイント数が変動しますので、急ぎでなければポイント数の高いときを狙って申し込んだほうがお得です。

ポイントサイトを経由して申し込むとお得

ポイントサイトを経由することでポイントがもらえるのは、何も買い物のときだけではありません。楽天カードを新規で申し込む場合も、ポイントサイトを経由するとポイントがもらえます

例えば、「Point Income」というサイトを経由して楽天カードを申し込むと、Point Incomeのポイントが12,000pt(2018年10月現在)ももらえます。現金換算で1,200円分です。

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

楽天カード同様、ポイントサイトでも時々キャンペーンを行っていて、私が楽天カードを作成したときは90,000ptももらえました。カードを作成しただけで、9,000円のお小遣いゲット!です。

楽天カードの申込みはネットで簡単

楽天カードを作りたいけど楽天会員になっていないや、という方。会員になっていてもいなくても大丈夫。カード申し込み時に会員登録が一緒にできるので、心配はいりません。それでは、まずは楽天カードの申し込みページへ行ってみましょう。

以下のリンクから申し込みページへ行けます

楽天会員になっているかいないかで入り口が違います。楽天会員の方は左の赤いボタン楽天会員ではない方は右の緑のボタンから進みましょう。

カードのブランドが選べます。ブランドは、MasterCardVISAJCBの3つ。カードのデザインも選べますが、一部ブランドによって選べるデザインが違ったりしますので、ブランドにこだわりのない方はデザインから決めてもいいかもしれません。

楽天カードはEdy機能を付帯させることもできるようです。自分はモバイルEdyを使っているので付帯なしにしましたが、1枚のカードにまとめたい方は付帯させてしまいましょう。

カード利用代金の支払口座も申込時に登録できますし、本人確認書類は免許証の番号を登録すればOKですし、なんとも簡単なものです。だいたい15~20分くらいあれば申請完了できますよ!


楽天カードの特徴


楽天カードにすることのメリット

楽天カードにはいろいろメリットや特徴はありますが、自分がメリットだと思ったのは、

・年会費が無料
・ポイントをEdyに交換できる
・楽天市場でポイントがより貯まる
・楽天ウェブ検索で検索するだけでもポイントが貯まる

といったところでしょうか。カードを変えたいと思った一番の理由が「ポイントの交換先が欲しくもない商品ばかり」と、もうひとつ「年会費をかけたくない」だったので、ポイント交換先にEdyがあることと年会費が無料なことは大きな魅力でした。

また、Edyの使用頻度が高いので、楽天カードからEdyチャージをすれば、チャージ時につくカードのポイントもEdyに交換できる、ということも大きなメリットでした。

楽天カードにすることのデメリット

もちろん、楽天カードに変更することによるメリットだけでなく、デメリットもありました。

まず、それまでオンライン通販は極力Yahooショッピングを使っていたので、ポイントもほとんどをTポイントに集約していました。今回楽天カードにすることで、ポイントは楽天に集約する方が効果が高いため、Yahooプレミアム会員+プラチナランクを捨てる覚悟が必要でした。

また、ディーラー系カードでせっかく限度額が上限近くまで上がったのに、新しいカードにすることでまた低い限度額からスタートになる可能性があるということ。

そしてこれが一番大きな問題、カード払いで登録している各種サービス全ての支払い情報を変更しないといけないこと。

しかし、逆に言えばデメリットと感じるのはそれくらいでした。正直、大した問題ではないかな。


実際に楽天カードにしたらポイントがザクザク


楽天カードが手元に来てから、オンライン通販は全て楽天市場に移行しました。普段の買い物でも、カードを使う場面では楽天カード一択

楽天カードを使い始めてすぐに入会プレゼントのポイントももらえ、タイミングよく大きな買い物があったため買い物でのポイントもどんどんたまり、楽天ウェブ検索でも毎日数ポイントずつたまり、たまったポイントはEdyに交換してお買い物。なんとカード利用開始からわずか3ヶ月で、Edyに交換したポイントが18,000円分にもなりました。

YahooでTポイントをためていた頃よりもハイペースだし、TポイントはほとんどYahooショッピングでしか使えていませんでしたが、今はポイントをEdyに交換することでコンビニでもスーパーでも使えるので、使いみちが広がったのもいいことです。


ポイントサイト経由でもっとお得にお買い物


楽天市場で楽天カードを使ってお買い物をすることで、ポイントがたくさんもらえてお得ですが、さらにお得にお買い物をすることもできます。

カード申し込みのところでちらっと名前がでましたが、「Point Income」というサイトを経由して楽天市場でお買い物をすると、お買い物金額の1%分がさらにPoint Incomeのポイントでもらえます。

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

たとえば、Point Incomeのサイトを経由して楽天市場で30,000円の買い物をすると、楽天ポイント以外に、Point Incomeのポイントが3,000ポイント(300円分)もらえます。たかが1%、されど1%です。積み重ねていくと、結構な額になりますよ。

また、店舗は限られますが、ちょびリッチというサイトを経由することで、楽天市場内で最大15%も還元されるお店があります。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

どちらも銀行振込や電子マネー、その他ポイントやマイルなどにも交換できるので、使わない手はないと思いますよ。キャンペーンなどで還元率が一気に上がることもありますので、要チェックサイトです。そして、楽天市場以外にも提携サイトがたくさんあるので、ポイントをもらうチャンスはたくさんあります。塵も積もればなんとやら、です。


さいごに


そんなわけで、今は公共料金の支払いや毎月の決まった支払いなどは全て楽天カードにまとめ、ポイントをEdyに交換し、コンビニやスーパーでの買い物に活用しています。Edyにしてしまえば実質有効期限が無くなるので、失効を気にして無理に使う必要がないのもいいですね。

どうせならポイントがたくさんもらえて、ちょっとでも心がハッピーになればいいな、という願いを込めて、楽天カードとポイントサイトを紹介してみました。みなさまもご活用ください!

初稿:2018年10月16日

-四方山話
-

Copyright© たかたかゆーき , 2019 All Rights Reserved.