手作り

ブロッコリーは収穫後もそのまま育てよう!細長い花芽も美味しいよ!

投稿日:

アイキャッチ[ブロッコリー]

ブロッコリーは、茹でてマヨネーズをつけて食べるのが最高だと思っている、高井優希です。

素材の味を楽しむために、塩茹でするか、マヨネーズではなく塩を軽くふって食べるのもイイですね!

そんなブロッコリーですが、我が家では毎年畑で作っているので、時期になれば採れたて新鮮な状態で食べることができます。

さて、ブロッコリーを自家栽培している方の中で、収穫後もそのまま育てている方はどれくらいいるでしょうか。実は、ブロッコリーは収穫後も楽しめるんです!

ブロッコリーと言えば

ブロッコリーと言えば、どんなものを想像しますか?ほとんどの方は、葉が茂った丸い木のような形を想像すると思います。スーパーで売られているものも、丸い形が一般的で、これは株から一番最初に取れる、花芽の集合体です。

一般的に売られているブロッコリー

自家栽培したことがある方はご存知かもしれませんが、最初に収穫した後、そこからうまく育てることで、ひとつの株からもう2~3回ほど丸い塊状のブロッコリーが収穫できることがあります。

とは言え、二度目三度目はうまくできないことも多いので、通常は1回収穫したら、株を撤去してしまうことが多いですよね。

最初の収穫後も育て続けると

地域にもよりますが、長野県のような寒冷地では、種からだと初夏のころ、苗からだと7月下旬~8月上旬くらいに植え、秋が収穫時期になります。そのまま収穫後も株を撤去せず、雪解けの春を待つと…茎が細長くて、菜の花のような花芽が出てきます

収穫後も育て続けたブロッコリー

この細長い花芽が、丸いブロッコリーとはまた違った食感と味があって美味しいのです。若い花芽は菜の花のようにお浸しで。やや育ってしまった花芽は、茹でてコチュジャン+ごま油と和えたら、ご飯のおかずとしてだけでなく、お酒のつまみとしてもGood!

スティック状のブロッコリーを茹でたところ

もちろん、丸いブロッコリーと同じように、マヨネーズや塩などで食べてもイケます!

ただ、あまり育ちすぎると茎部分がかたく筋っぽくなるので、早め早めの収穫がおすすめ。

このような状態を「とう立ち」と呼ぶ

日常的によく食べている野菜たちは、収穫しないで(もしくは収穫後)そのまま放置しておくと、びっくりするような形に成長していくものが結構あります。

収穫後も育て続けたブロッコリーの全景

今回のブロッコリーもそのひとつですが、ブロッコリー以外で驚いたのはレタス。収穫期を過ぎて、そのまま成長させてみたところ、花芽がぐんぐん伸びて大きいものは1m以上になりました。写真の左側は横に成長し、右側はまるで塔のよう。

収穫せずに育て続けたレタス(とう立ちした状態)

また、ほうれん草を収穫せず越冬させ、春になったら若い花芽を摘んでお浸しや炒めものにして食べる、というのは、割と有名ですね。

このような状態を「とう立ち」と呼びます。葉物や根菜類などに花芽が出ることだけでなく、ネギの先端にぽんぽんができた状態(ネギ坊主)も、とう立ちの一種

野菜が、自分自身を大きく成長させていく段階を過ぎ、種を残すための成長(生殖成長)を始めた状態です。

ちなみに、ブロッコリーは普段食べているものが既にとう立ちした状態ですが、ここではその後の、細長く生えてきた花芽を指して「とう立ちしたブロッコリー」と表現します。

子どものブロッコリー嫌いが克服できる?!

うちの子(小4男、小1女)はどちらも、ブロッコリーが苦手でした。しかし、見た目も食感も全く違う、このとう立ちしたブロッコリーを食卓に出してみたところ、美味しい美味しいと食べています

子どもに聞いてみたところ、ブロッコリーは森みたいだし、口の中でボロボロするのが嫌、とのこと。とう立ちしたブロッコリーなら、そんな見た目も食感もないので、気にせず食べてくれているようです。

好き嫌いを克服する第一歩としても、細長いブロッコリーはおすすめできそう。

別品種で似たようなブロッコリーも

とう立ちしたブロッコリーに似たようなもので、茎ブロッコリースティックブロッコリーと呼ばれるものがありますが、これは菜の花などと掛け合わせて作られた別品種なので、全く別物です。

ブロッコリーニと呼ばれるものもありますが、こちらはカイラン(芥藍)というキャベツの仲間と自然交配で作られた別品種なので、やはり全く別物です。ちなみに、カイランのルーツはブロッコリーなんだとか。

さいごに

とう立ちした花芽を食べるものは、他に白菜チンゲン菜小松菜などもありますが、このようなものは一般的に流通することがほとんどあ

りません。食べられる期間(=花芽が摘める期間)がとても短いですし、採ったその日のうちに調理が必要なくらい、鮮度が命ですし。

もし、畑や家庭菜園などで自家栽培をすることがあれば、ぜひ一度、収穫後のブロッコリーをそのまま放置して、細長い花芽を食べてみてください。意外な美味しさに出会えると思いますよ!

初稿:2019年5月6日

-手作り
-

Copyright© たかたかゆーき , 2019 All Rights Reserved.