DIY

[DIY] 小屋を建て始めました 作業1日目

投稿日:

DIY小屋作り一日目01

我が家に壮大な計画が誕生しました。
『小屋を建てる』
先の長い、手間のかかる、大きな大きな作業。素人による素人のための、壮大な物語がスタートしました(笑)

第一日目。

きっかけは畑の区画工事

今の自宅は、かつて祖父母が住んでいた家で、家の裏には祖父母が生前手がけていた畑が広がっています。祖父母亡き後は父が畑を管理していましたが、父も若くして亡くなり、今度は我々が管理することになったのです。

そんな家の裏にある畑の一角に、農機具や肥料などをしまっておくための小屋がありました。祖父が若かりし頃に一人で建てたらしいですが、それから数十年、風雨によりだいぶ老朽化していたことと、ちょうど畑を含めた区画工事があったことで、取り壊してしまいました。

その後、区画工事も終わったので、今度は自分たちが小屋を建ててみようと思い、建て方や使う材料などいろいろ調べ、連休にいよいよ着工しました。

まずは小屋の大きさと骨組みを大まかに決める

今回建てる小屋は、奥行き2,400mm、幅2,730mmの長方形型。本当は奥行きも2,730mmにしようと思っていましたが、小屋を建てる場所は2方が塀に囲まれる場所で、2,400mmだとちょうどその塀の幅に収まるため。

屋根は、材料調達の関係から、高さは柱ベースで2,400~2,000mmの片流れ(1寸勾配より緩やか)にして、正面と右側面は軒の出900mm。軒下に農機具を置いたり、収穫物を吊るしておけるように。

柱は束石の上に乗せ、梁の上に小屋束を乗せて片流れにするので、実際の高さは束石150mmと梁の厚み75mmが追加され、2,625~2225mmくらいになる予定。

必要な材料の見積もり

次に必要な材料。

柱は、四隅とその間に1本ずつ立てるので、75角の2,000mmを8本。同じ数だけ、足元用に金具つきの15cm束石。梁はぐるっと四方を囲うので、柱と同じ75角で2,400mmが2本、2,580mmが2本。梁同士・梁と柱は平板金具とL型金具を併用して固定。

壁になる部分の3面は、足元と柱の中間あたりに横板を入れるので、11×40mmの薄板で2,400mmが4枚、2,730mmが2枚。正面以外の壁面には1本ずつ筋交いを入れるので、20×30mmの角材を6面分で6本。

屋根の勾配を作るための小屋束は、75角の切れ端を利用して400mmを3本と200mmを3本。母屋は、正面の軒の出900mmを確保するため、20×30mmの角材で4,000mmを6本。垂木も、側面の軒の出900mmを確保するため、20×30mmの角材で4,000mmを6本。

屋根と壁は、ポリカ波板で。屋根は7尺を2枚つなげて。壁は7尺を地面ギリギリに下げて、上部は風抜け用に空けておく。

雨水を貯水したいので、雨樋と、貯水タンク「雨音くん」も。

金具は、平板金具が2種類18枚、L型金具が16個。

DIY小屋作り一日目06

固定用ねじは、コーススレッドが自宅にたくさんあったので、あるものを使用。とりあえず確保したのは、3.8の100mm、75mm、57mm、55mm、51mm、38mm。4.2の75mm。もし買ってくるなら、38mmと57mmのコーススレッドを箱で買ってきてもいいかも。安いものなら500本くらい入った箱で500~600円くらい。

DIY小屋作り一日目05

使う道具は、インパクトドライバー、電動丸ノコ、電動ドリル、水平器、ノギス、スケール(メジャー)。あと、気合と根性と体力。

過不足あってもいいので、とりあえず買い出し

これでとりあえず形になるはず!と材料を買いに行くも、トラックが借りられなかったのでそのまま持ち帰れず。仕方ないので木材のカットを依頼したら、40mmを超える材は手切りになるから時間がかかるとのこと。のこぎりを借りて、急遽店頭で自分たちで切るところから、今回の小屋作りが始まりました(笑)

なぜ店頭で自分たちで切ったかと言うと、お店で売っている木材のほとんどは4,000mmなので、切らずに持ち帰るためには、軽トラでも(許可申請を出さなければ)法的にアウト。正確には、申請しなければ3,740mmを超える積載物は違法になってしまうので、お店で1トントラックを借りる以外、切らずに持ち帰る手段がないのです。

ということで、とりあえず車(タント)に積めるサイズに切った材を持ち帰って、組み始めたのは既に16時近かったのでした。ちなみに、タントの助手席側をフルフラットにすれば、2,400mmくらいまでの荷物なら積めるんです。助手席の幅に収まるものであれば、タントちょー便利!

作業開始

まずは柱を束石に固定するために、電動ドリルで2Φの下穴を開けてから、3.8Φ57mmのコーススレッド4本を使ってしっかり固定。

束石と柱の組み合わせが出来上がったら、次は梁を準備。店頭で必要な長さに切ってきたけど、微妙に出るハンパ分はそのままにしてきたので、ここでハンパ分を電動丸ノコでカット。

DIY小屋作り一日目02

そして柱の上部を梁でつないでいく。

DIY小屋作り一日目04

平板金具を使って、梁側4本、柱側4本それぞれ3.8Φ38mmのコーススレッドで固定していく。束石の位置をしっかり出しておかないと、ここで梁と柱が歪んでいくので注意。

梁が一周したら、今度は柱の足元を薄板で固定していく。束石の金属プレートのすぐ上あたりで3.8Φ51mmの半ねじコーススレッドを使って。コーススレッドのサイズがバラバラなのは、ストック残数の調整で、この先不足がでないようにしているだけ。それ以外の理由はない(笑)

今日はここまでで暗くなってしまったので終了。

さいごに

次回は、筋交いを入れて、柱の中間あたりにも薄板を入れて、小屋束・母屋・垂木を組んで屋根を付け、壁のポリカ波板まで付けてしまいたいな~。屋根と壁さえできてしまえば、とりあえず雨風は凌げるので、少しずつ荷物が入れられるかな、と。

DIY小屋作り一日目03

ここまでの作業でヘロヘロになっている状態なので、まともに文章も考えられず。近いうちにもう少しまともな文章に書き直したいな、と思いつつ・・・今日はここまで!

初稿:2018年9月18日

アイキャッチ[DIY]
[DIY] 小屋を建て始めました 作業2日目

『小屋を建てる』第二日目 2日目の作業 1日目の記事で抜けていましたが、車(タント)に積み込む関係で、梁に使う角材は全て2分割になっていました。柱の上で四角く組んで、四隅に立てる柱の中間に立てる柱を、金具を使ってこの梁に固定するはずでしたが ...

アイキャッチ[DIY]
[DIY] 小屋を建て始めました 作業3日目

『小屋を建てる』第三日目 まずは買い出しから 雨だったり台風だったり稲刈りだったりで、前回の作業から半月ほど経ってしまいましたが、本日ようやく屋根を乗せました。 まずは屋根用の材料の買い出しから。 今回は片流れ屋根にするので、梁の上に束を立 ...

アイキャッチ[DIY]
[DIY] 小屋を建て始めました 作業4日目

『小屋を建てる』第四日目 脱穀の予定だった日曜日。予定が体育の日にずれたので、小屋づくりの続きを進めました。 前回3日目では、最後に足りない屋根用ポリカの代わりに壁用の透明ポリカを使ったのですが、暗い中の作業だったせいか、なんと2枚重なった ...

アイキャッチ[DIY]
[DIY] 小屋を建て始めました 作業5日目

『小屋を建てる』第五日目 ようやく予定が空いた休日&義祖母が子どもたちを遊びに連れて出てくれたので、小屋作業を一気に進めました。 前回4日目では、壁用ポリカが足りなくて作業が中断しました。先日、ちょっとした時間に雨樋などと一緒に買い足してお ...

アイキャッチ[DIY]
[DIY] 小屋を建て始めました 作業6日目

『小屋を建てる』第六日目 前回の作業が10月末。日が短くなってしまったのと、だいぶ寒くなってきたこともあって、続きは春になってから、と思っていたのですが。 空気取り入れ口のつもりで、壁と屋根の間にあえて隙間を設けていたのですが、雪がかなり吹 ...

-DIY
-

Copyright© たかたかゆーき , 2019 All Rights Reserved.