こども

夏休みの自由研究に、消えるボールペンの調査

投稿日:

子どもの自由研究を誘導してあげるのも親の役目だと思っている、高井優希です。

夏休みの定番、自由研究に、今年も親子ともども苦戦しております。何が一番大変かって、題目を決めることですよね。題目さえ決まってしまえば、あとは調査したり実験したり、行動を起こすのみ。

さんざん悩みましたが、身近にあるもの、ということで、消えるボールペン(フリクションボールペン)で書いたものが、こする以外に消えることがあるのか、を調べてみることにしました。

消えるボールペンの、消える条件

なぜボールペンで書いた文字などが消えるのか。大人なら理解できますが、子どもにはまだまだ難しい内容になりますね。

そこで、いくつか条件を決めて、実際に消えるかどうか実験してみることにしました。

条件は以下の通り。

  1. 消えるボールペンの消しゴムでこする
  2. 鉛筆用の消しゴムでこする
  3. 冷蔵庫の中に入れておく
  4. 電子レンジで温める
  5. 白い車のボンネットの上に置く
  6. 黒い車のボンネットの上に置く
  7. 車の中に入れる
  8. 日なたに置いておく
  9. 日かげに置いておく
  10. アスファルトの上に置く
  11. コンクリートの上に置く
  12. 土の上に置く
  13. 冷たい水を入れたマグカップの側面に当てる
  14. 熱いお湯を入れたマグカップの側面に当てる
  15. ドライヤーの冷風を当てる
  16. ドライヤーの温風を当てる

あまりたくさんの条件を用意しても、まとめるのが大変になってしまうので、とりあえず16パターン。

どの条件が消えたのかをまとめる

さて、用意した16パターンの条件を実際に試してみます。試した日は、外気温35℃、風3mほど、薄曇りで日差しがあまり強くない、15時頃。

結果としては、

  1. 普通に消える
  2. やや薄くなるが消えない
  3. 変化なし
  4. 600Wで30秒以上温めると消えるようだ
  5. やや薄くなるが消えない
  6. 一瞬で消えた
  7. ゆっくり消えた
  8. 変化なし
  9. 変化なし
  10. やや薄くなるが消えない
  11. 変化なし
  12. 変化なし
  13. 変化なし
  14. 60℃以上のお湯で一瞬で消えた
  15. 変化なし
  16. 割と早く消えた

となりました。

いくつかの項目は、外気温や日差し、風の有無などで結果が変わってくると思いますが、だいたい消える条件は一緒です。

この結果をもとに、自由研究として子どもが自分の力でまとめます。

さいごに

ということで、夏休みの自由研究として、消えるボールペンの消える条件を調べてみました。結果がわかっているとは言え、自分も一緒に楽しめましたので、親子で進めるにはいい題目かもしれません。

どんな研究にするかお悩みの方は、身近にあるものを研究材料にしてみてはいかがでしょうか。同じように消えるボールペンを研究して、もし、我々が実験した結果と違う結果が出たとすれば、それはそれで面白いかもしれません。

初稿:2019年8月13日

-こども
-, ,

Copyright© たかたかゆーき , 2019 All Rights Reserved.